Fun fasting!(11)〜14日ファスティング終了〜

昨日の2月14日をもちまして『14日ファスティング』終了いたしました!

本日、2月15日はめでたく「回復食」となります。

では、改めてスタート時からの体重の変化を・・・

 

2/1 → 67.15Kg

2/2 → 66.90Kg

2/3 → 65.20Kg

2/4 → 64.20Kg

2/5 → 64.40Kg

2/6 → 63.20Kg

2/7 → 63.40Kg

2/8 → 63.00Kg

2/9 → 63.30Kg

2/10→ 62.50Kg

2/11→ 62.80Kg

2/12→ 62.15Kg

2/13→ 62.40Kg

2/14→ 62.40Kg

2/15→ 61.80Kg

 

スタート時(67.15Kg) ー 終了時(61.80Kg)

=マイナス 5.35Kg です!

この結果と流れを見て思うことは・・・

『俺の体もしぶといな・・・笑』って感じます。

以前も書きましたが、

何も食べてないのに、変わらなかったり、太ったり。

経験として過去にもあるので驚きはしませんが

ちょっとテンションは下がります・・・笑

しかし、昨年の4月にも同じく「14日ファスティング」をしましたが

その時は確かマイナス7〜8Kgだったと思います。

もちろん、スタート時が現在よりも体重が重かったと思いますが・・・

ですので単純な比較は出来ませんが、

自分自身の体にファスティングに対する耐性も備わってきている気がします。

しかし、体重ではなく「見た目」と「デトックス」は確実に効果が出せていると思われます。

現に、お客様からの反応も凄いです!

(ウチのお客様さすがですね。気が抜けない・・・笑)

「何やったと?」

「ちょっと教えりーよ!」

「肌がキレイくない?」

反応は様々ではありますが、

何も言わずともいきなり言われますので、

とにかく結果には結びついていると思います。

また、ファスティングの直接的な効果とは言い難いのですが、

ある種の副産物もあります。

1・整理整頓、身辺整理が出来る。

2・仕事がはかどる。

3・自信、達成感が味わえる。

大きくは上記の3つが挙げられます。(あくまで個人的な感想です)

 

まず、「整理整頓、身辺整理」ですけど、単純に時間があるから・・・

ってことではなく、ファスティングは自分自身の体の大掃除をやっているようなものなので、体以外の部分ですけれど、今、自分の置かれている環境が気になってきて目に付きます。

日頃は惰性で気にならない感じですが・・・笑

そして、いるものといらないものが見えてきます。

単純に物事をシンプルに捉えることが出来ます。

その結果、今回も色々と整理してみました。

やはりこの部分も毎回スッキリするところです!

 

次に「仕事がはかどる」ですが。

よく言われるフレーズに

「ファスティングやっていてボーってしませんか?」なんですが、

大丈夫ですよ!安心して下さい。

しません。 むしろ冴えますよ!

キレッキレッとなります・・・笑

現に毎回ファスティング中に大事な案件をまとめたり

これからの方向性を正したりとか様々なことに手をつけます。

今回もこのたった2週間の中で、

今後大事になるであろう事柄も含めて動き出しました。

むしろ、本当に大事な判断を下さなければいけない時に

ファスティングは超おすすめメソッドなのだと思います。

 

そして最後に「自信、達成感が味わえる』ですが。

これはそのままですね(笑)

これは日にちに関係なく「1日ファスティング」でもそうだと思います。

僕も最初の時は「3日食べないなんて絶対に無理!」って思いました。

でも実際に行うことになり、やり終えた後・・・

『これ、良いんじゃね〜』なんて。

調子こいた覚えがあります・・・笑

やはり、今まで経験の無い事に踏み込む勇気にはハードルがあります。

だからこそ、やり終えた時の自信も自分だけが貰える贈り物みたいなものです。

ですから、この達成感を味わいたくて新たにチャレンジするのかもです。

 

どうですか?

ファスティングやりたくなってきましたか・・・笑?

 

ACT JAPANではそんなアナタのために

いつでもファスティングの応援が出来る準備が整っています。

また、今後も無料の「ファスティングセミナー」なども開催予定です。

ぜひ、何らかの機会に勇気をもってファスティングをやってみましょう!

きっと新しい世界が待っているはずです!

 

それでは最後に賢者の格言を・・・

やはり、「西洋医学の父」ヒポクラテス様で。

Hippocrates_rubens

『賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ』

 

 

そうですね。

 

健康であることに感謝して

 

2週間ぶりに食べ物を噛みしめていただきたいと思います。

 

Fun fasting!(10)〜ファスティングサポート〜

『14日間ファスティング』も、やっと12日目になりました。

残すところ今日を含めて3日間。

終わりが見えてきました!

そんな12日目の朝の体重は・・・ 62.15Kg!

ファスティングスタート時と比べると ジャストー5Kgです。

体重の推移もさることながら、

やはりファスティング後半になりますと

完全に脂肪燃焼スイッチが入ってますので

お腹周りがキュンキュンと締まってくるのが分かります。

見た目で確認出来ると日々モチベーションは上がりますよねー

と、気分も上がっている中で今回のお題は・・・ 〜ファスティングサポート〜です。

これは何かと言いますと、

ファスティングを行う際に体も急激な変化にさらされて

好転反応も含めてなんですけど一時的に不調になることもあります。

そのような不具合に陥る原因と対処法を書きたいと思います!

 

◯ 頭痛

頭痛の原因は、まずは日頃から塩分の摂り過ぎが考えられます。ファスティングを始めると食塩摂取はほぼゼロですが、体は少なくとも初日は普段通り塩分を排泄してしまいます。従って一時期的にナトリウム欠乏(低ナトリウム状態)が起こります。この影響で血管の拡張が起こり、どちらかと言うと血流が良くなって(血圧が下がる)頭痛が起こる場合があります。

<対処法> 天然塩・ミネラル岩塩・梅干し(すり潰したもの)などを軽く摂る。

 

◯ 眠気

僕自身、今回のファスティングは結構眠たいんですよね〜笑。これはファスティングによるカロリー不足から、体が省エネモードに入ってるんですよね。眠気は休めと言うサインです。

<対処法> ゆっくり休みましょう(笑)

 

 吐き気

色々と理由があると思われますが、一番多いと思われるのが胃酸の問題です。日頃から時間を決めて食事をされてると食事をするしないに関わらず胃酸を分泌する傾向にあり、これが吐き気を催します。

<対処法> 一旦中止して準備期間に戻しましょう。

 

◯ 腰痛

ファスティングを行う際、基本的にはその方の悪いところを修復しようとしますので腰痛もそれに当たると思われます。また、ファスティングにより脂肪が減るのでそれもあるのかもしれません。ちなみに僕は過去にヘルニアと診断されて、痛みや痺れが酷く、時にはブロック注射などで誤魔化していましたけれど、ファスティングのおかげかどうかは分かりませんが現在は何ともありません。でも、多分ファスティングのおかげだと思っています(笑)

<対処法> 温めてみて下さい。

 

◯ 寒気

ファスティングにより省エネモードに入ってますし、脂肪も減ってますので起こりやすいです。ちなみに今回の僕も寝るときはブルブルしやすいので一枚多く着て寝てます。

<対処法> 温かいルイボスティーなどを飲む(ノンカフェインで超おすすめなハイグレードなルイボスティーがあります。また、紹介しますね!)

 

◯ 口内炎

口内炎は出る人と治る人がいます。普段の悪い物が出ている好転反応だと思います。

<対処法> 積極的に酵素ドリンクを飲んで下さい。

 

◯ 吹き出物

口内炎と同様、出る人、治る人がいます。普段の食生活の脂肪酸バランスが悪いと考えられます。また、皮膚が生まれ変わっている最中とも言えます。

<対処法> 積極的に酵素ドリンクを飲んで下さい。また、日頃の摂取する油のバランスを考えましょう!

 

◯ 便秘

何も食べないため体の中にあるものを「残すべき」と判断して便秘になっています。あとは他の部分を修復していて排便まで追いついていないとか。宿便については個人差があるみたいです。

<対処法> 次のファスティングは準備期をしっかり取りましょう。

 

◯ 水便

ファスティングにより水分しか摂っていないため水便になるのが普通と思ってもらっていいです。排毒であり胃や腸を水洗いしているのと同じ状況。

<対処法> 特になし。

 

◯ 胃がつる

長年の習慣により胃腸は消化に備えるのですが、いつまでたっても食事がやってこないような状況(ファスティング時)にあると、このように胃がつるような感じがあります。

<対処法> 酵素ドリンクをこまめに飲みましょう!

 

おそらくこんなところでしょうか? まだ他にもあるかもしれませんが、その都度ファスティングマイスターと相談をして快適で結果の出るファスティングを行って欲しいものです!

 

では、最後に賢人の格言を・・・

 

お久しぶりなこのお方。

Kapitolinischer_Pythagoras_adjusted

 

古代ギリシャの数学者ピタゴラスです!

『少食にすれば心身共に頑健になり、病の神も汝から去る』

うーん。

賢者と言われるお方はさすがですね!

ファスティング終わってから気をつけます・・・笑

Fun fasting!(9)〜ファスティングドリンクはなぜ必要なの?〜

前回から少し間が空いてファスティング11日目です。

さて、体重の推移は?

7日目→ 63.40 (←前回・・・)

8日目→ 63.00 (少し減った。)

9日目→ 63.30 (ん?増えた?)

10日目→62.50 (お!減った!)

11日目→62.80  また。( ̄◇ ̄;)?

 

何も食べてないのに

ちょいちょい増える体重の不思議さ・・・笑

日々、一喜一憂。

まさに人体の不可思議的現象。

遠い昔から飢えや寒さの中で戦いながら

育み継承してきた、延命遺伝子などの成せる技とも言えます。

 

d19e1163f32aa75dc6a06e1b57ce86dc

↑ 遠いご先祖様に感謝致しましょう・・・笑

 

で、今回のお題は「ファスティングドリンクはなぜ必要なのか?」です。

ファスティングは本来、断食を意味する言葉ですが、現代のファスティングは修行(笑)?とかでない限りダイエットやデトックス、体質改善、生活習慣病の予防など様々ですね!

ACT JAPAN(社・分子整合医学美容食育協会・福岡中央支部)でオススメしている通常のファスティングは、ファスティング専用ドリンクと基本的には水のみで行う酵素断食(ミネラルファスティング)です。

もちろん生の野菜などを利用して自分でファスティング専用のドリンクを作ることも可能ですが、手間がかかりすぎたり、作り置きが出来なかったり、野菜が無農薬かどうか?栄養バランスはどうか?などなど・・・。

色々と難しい部分も多く、危険な場合もあります。

ときおり何のドリンクも飲まず、水だけで頑張る方もいらっしゃいますが(いわゆる根性ファスティング・・・笑)、かなり危険ですので絶対にオススメ致しません!

 

ではミネラルファスティングとは?

 

ファスティング中でも人間が生きていく上で必要なビタミンやミネラルを摂取しながら行うファスティング方法です。

この方法は、現代人に不足しがちなビタミンやミネラルを補給しながら、体内に蓄積する有害ミネラルを排出する目的も含まれたファスティングです!

ファスティング用ドリンクは酵素や酵母などの日本に古来からある発酵技術を応用し、野草、野菜、果実、海藻などの主原料を発酵させることにより栄養分を低分子化し、速やかに吸収しやすい栄養ドリンクにしたものなのです。

体内酵素が働くために必要な補酵素(ビタミン)や補助因子(ミネラル)を補給することで体内酵素の働きを補助することが出来ます。

例えば脂肪を分解する酵素が働くためにはマグネシウムなどの補助因子(ミネラル)を必要とします。

ファスティング用ドリンクにはデトックスや脂肪分解などの体の代謝に必要な栄養素が考え尽くされて配合されているんですね!

ですから、水だけの根性ファスティングなどでなく(笑)

ファスティング専用ドリンクを使っての有害物質の排出、脂肪の代謝(もちろん内臓脂肪も・・・)、その結果としてのウエストのサイズダウン・ダイエットなどなど、しっかりとファスティングの効果を出していきましょう!

またの機会に(社)分子整合医学美容食育協会推奨のファスティング専用ドリンクや、思わずファスティングが楽しくなる必須アイテム(僕のオススメ商品)なども紹介していきますね!

 

では、最後に賢人のお言葉を・・・

 

『ファスティングは魂の食べ物である』

 

今回は『金口イオアン』こと『ヨハネス・クリュソストモス』の言葉です。

ioann

 

「金口」とは名説教で知られたことから「黄金の口」を意味する「金口=クリュソストモス」を付して呼ばれるようになったとのこと。

もちろん、ネットで調べてから知りました・・・笑

どんなお説教か聴いてみたかったですね〜

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用

Fun fasting!(8)〜ナチュラルハイジーン〜

やっとファスティングも7日目です。

 

で、今朝の体重は・・・

 

63.40Kg!

 

ま、また増えてる・・・笑

 

いつも、起きてすぐの同じ時間に測っているんですよね。

 

この違いは、微妙な水分量の違いでしょう。

 

後は、筋トレを少しやって筋肉にハリがあるからなのかな?

 

残念と言うより、

 

むしろ思い通りにならない体の奥深さを感じます。

 

しかし、今日をもって完全な折り返し地点。

 

残り1週間はカウントダウン方式で日が経つのも早く感じることでしょう!

 

貴重な時間ですので楽しく過ごしたいと思います。

 

楽しく過ごすと言えば、

 

ファスティング期間中には様々なアイテムを試しています。

 

せっかくファスティングをするのであれば

 

ダイエットにしろ、美肌にしろ、

 

ここぞとばかりに効果を高めたいものです。

 

そのうち、ファスティングライフを楽しく彩ってくれるアイテムも紹介致しますね!

 

では今回のお題ですが、ご存知の方も多いと思われます『ナチュラルハイジーン』です。

 

前回のコラムの「半日ファスティング」の時に一言だけ出ました。

 

アメリカでよく知られる「ナチュラルハイジーン」とは?

 

24時間を人間の生理から3つに分けるという考え方です。

 

◯ 24時間周期の体のリズム

 

1・午前4時~正午まで・・・・・・・・『排泄』

2・正午~午後8時まで・・・・・・・・『摂取と消化』

3・午後8時~午前4時まで・・・・・・『吸収と利用』

 

これを見ればよく分かりますが、午前4時から正午までは「排泄」の時間帯になっています。

 

確かに寝汗もかきますし、朝起きればトイレにも行きます。

 

つまり朝のうちは汗、尿、大便という「3大排泄」を行っているのです。

 

この「3大排泄」により蓄積された疲労物質や、毒素、老廃物を体の外に出し浄化しているのです。

 

きっと臓器はまだまだ半眠りの状態ですよね。

 

そして、ここでの問題は?

 

その排泄の時間帯に何を食べれば良いのか?ということです。

 

当然このような状態で重いものや消化に悪いものを食べていいわけがありません!

 

牛丼とか、カツ丼とか、焼肉とか・・・。

 

あ・・・

 

さすがに朝からは食べませんよね(笑)

 

そもそも、ブレックファーストという言葉は「朝食」という意味ですが、「ファスト」という言葉は「断食」を指し、その断食をブレイクする(break=破る)ことが朝食ということなのです。

 

ですので、「半日ファスティング」では朝食の代わりに水やファスティング専用ドリンクをオススメしてるんですね!

 

もし何か食べるのであればフルーツがオススメです。

 

フルーツは水分が非常に多くその水分には豊富なビタミン、ミネラルが含まれています。

 

また、抗酸化物質のファイトケミカルも大量に含まれています。

 

そして最後に、もちろん生きた酵素に満ち満ち溢れています!

 

これからは「半日ファスティング」か「朝フルーツ(スムージー)」などなど

 

それらを習慣化してみるのも良いですね。

 

ちなみに僕はずーーーーーっと「半日ファスティング」は続けております。

 

あ、でも旅館に泊まった際の「朝ごはん」は外せませんけどね!

 

この時ばかりは気にしません(笑) ←でも、体は重く感じます。

 

てか、その前に「排泄」の時間まで呑んでることもあるので?

 

ナチュラルハイジーンなんて偉そうなこと本当は言えません・・・。

 

そのうち僕なりのナチュラルハイジーンをつくります・・・笑

 

まーたまには良いでしょ!

 

 

では最後に、賢者の言葉を!

アメリカの政治家であり、物理学者、気象学者でもあります。

ベンジャミン・フランクリン・・・

「全ての薬で一番良いのは休息とファスティングだ」

この方、現在の米ドル100ドル紙幣に肖像画描かれている人です。

BenFranklinDuplessis

他に「フランクリンの十三徳」というのにも一番最初に

「飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。」とあります。

どーもベンジャミンとは気が合わないかもです・・・笑

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用

Fun fasting!(7)〜おすすめミネラルファスティングの種類と効果〜

ファスティング六日目の今朝の体重は・・・

 

63.20Kgとスタート時より-3.95Kgと、ほぼ4Kgのマイナスです!

 

大体ここらへんまでくると、ほぼお腹は減らないんですよね。

 

気分的にはちょっと寂しいのですが(笑)

 

でも、頭は冴えまくってます。

 

新たなアイデアなどは、どんどん出て来ますので上手く仕事に利用したいところです。

 

そんな中、今回は「おすすめミネラルファスティングの種類と効果」です。

 

ACT JAPANも所属しています(社)分子整合医学美容食育協会で推奨しているファスティングには、その目的によって大きく分けて三つの種類があり、それにともなって日数も違います。

 

◯ ファスティングの種類と日数別目的

 

1・半日ファスティング・・・・・・・・・・半日(少食効果)

2・1日ファスティング ・・・・・・・・・・1日(休息効果)

3・デトックスファスティング・・・・・・・ 2日以上(デトックス効果)

※日数は実際に断食をする期間です。

 

1・半日ファスティングは3食のうち1食をファスティング用ドリンクに置き換えます。ナチュラルハイジーン(後日のコラムにて・・)の考え方にそって、朝食は水とファスティング用ドリンクを摂ります。

 

2・1日ファスティングは1日の食事を全てファスティング用ドリンクと水で過ごす方法です。この1日ファスティングをすることによって、普段はほとんど休ませることのない胃腸に休息を与えることができ、内臓のリセット効果を期待するものです。

 

3・2日以上のデトックスのファスティングですが、これはファスティングの正しい知識と豊富な経験を持つファスティングマイスターから、カウンセリングやサポートをしてもらいつつ実践するのが成功への鍵となります。ACT JAPANでは5人のファスティングマイスターとエキスパートの資格を持つ博多リバレイン店長の吉田理佳、プロフェッショナルの資格を持つ私が相談にのらせて頂きます。

 

また、上記2日以上のデトックスのファスティングに関しては、主に1週間プログラムと2週間プログラムの二つに分けています。

 

◯ 1週間プログラム

2日の準備期間、3日のファスティング期間、2日の復食期間を含めたプログラムです。

初めてファスティングを行う人のためのファスティング入門プログラムです。体のデトックス

をするためにも、この1週間プログラムでまず体を慣らしてみて下さい。

かなりオススメです!復食さえしっかりと出来ればダイエット効果もバツグンです。

 

◯ 2週間プログラム

3日の準備期間、7日のファスティング期間、4日の復食期間を含めたプログラムです。

ファスティング経験者向けのプランです。

1週間プログラムで体が慣れてきたら行うステップアッププランです。

ダイエット効果はもちろんですが、長期間ファスティングを行うことで、よりデトックス効果

を高めるためのプログラムです。

 

 

ちなみに、今回の僕のプランは(全く推奨は出来ませんが・・・笑)

 

準備無しの?、14日間のファスティング期間に、おそらく14日間の復食期間といった

 

かなり、偏りのあるプランです・・・笑

 

ですので、2月に関しては「ファスティング」と「復食」のみの1ヶ月間なんですよね。

 

まさに、デトックス月間。

 

周りからは『仙人生活』って笑われていますけど・・・。

 

そんな仙人生活も明日でちょうど1週間!(このコラムを書いている現在は2/6)

 

残りも頑張ります!

 

 

では、最後に賢者の言葉を。

 

今日はヒポクラテスではなくて、古代ギリシャの数学者であり哲学者ピタゴラスです!

 

『ファスティングは健康維持と回復のために、とびぬけて適した方法である』


Kapitolinischer_Pythagoras_adjusted

 

ピタゴラスもヒポクラテスに負けてないですね・・・笑

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用

Fun fasting!(6)〜ファスティング5日目停滞期〜

いよいよファスティングも五日目に入りました。

さて気になる体重ですが、

昨日の段階で64.2Kgとスタート時(67.15Kg)より

四日目で−2.95Kgとそこそこ順調に来ています。

その流れでの五日目の朝。

体重は・・・?

64.4Kg!

・・・増えてるし(笑)

実はこれ、前にも経験済みなのですが、

いわゆる停滞期と呼ばれるやつです。

てか、停滞いうより増えとるし・・笑

しかし、ファスティング効果が停滞する時期は必ずあるんですね。

そもそも、初めにドカッと痩せる理由は、

体内の余分な水分や老廃物などが排出されるためです。

そして、体が健康的で非常〜に軽〜くなります。

しかし、その後は余分な水分や老廃物があまりないので、

大幅な減量は見込めないのです。

しかし、ここからが大事なんです。

この停滞期の次に、本格的な脂肪燃焼の準備を始めます。

ですから、停滞期はむしろ喜ばしいことなんです。

おそらく明日からは微量な体重減少があります。

でも、その多くは脂肪燃焼によるものなので

体重はそれほど変わらずとも、

日々、お腹周りなどの見た目がどんどん変わってきます。

これは、筋肉と脂肪の比重が違うことが原因です。

このコラムでは分かりやすいように体重を一つの指標にしていますが

本来は体重よりも「見た目」が重要ですよね!

そーです。引き締まったBODYです(笑)

ですので、この停滞期が来たとしても喜んで

体重の増減よりも、見た目を意識してもらうと良いですね!

後、言われていることなんですが、停滞期は急に減ってしまった今の体重を

「むしろ普通なんだよ!」

って、体に対して前向きに?上書きをさせる意味もあるらしいのです。

これこそまさに飢餓時代より受け継ぐ生き残りのための遺伝子(笑)

要はリバウンドしにくくなるという証なのです。

喜んで停滞期を受け入れましょう!!

 

では、最後に賢者の格言を・・・

『人間がありのまま、自然体で自然の中で生活すれば120歳まで生きられる』

 

またもや、ヒポクラテス様ですが

Hippocrates_rubens

120歳ですか・・・笑

Fun fasting!(5)〜ファスティング4日目〜

今日はコラムというよりもファスティング四日目を迎えた僕の状況と状態を書いておきます。

もし、三日ファスティングをやるとなると、今日が回復食となります。

僕の場合はまだまだ遠い旅路ですが・・・笑

まずは皆さんが一番気になる体重からです。

スタート時→67.15Kg

二日目  →66.90Kg

三日目  →65.20Kg

四日目  →64.20Kg

です。今現在でマイナス2.95Kg。 

約3Kgですね。

前にも書きましたが三日ファスティングの場合

大体約5%の体重が落ちることが多いので

僕の場合4.4%ダウンと、現時点ではちょっと物足りない結果かなと。

でも、僕の場合はファスティングをやりすぎて?

体に耐性でも出来てきているのかもしれません(笑)

ちなみに、隣にいるマネージャーの小河も同じタイミングでファスティングを始めましたが3.5Kgも痩せています。

元々が59Kgと細いので(笑)

なんと5.9%も落ちています!

現在55.5Kg。 もはや女子です。

逆にヤバイです・・・笑

「風が吹くとフラフラする」とも言っています。

虫の息にならないうちに止めさせましょう。

そして肝心な状態なんですが、

気分は非常に良いです!

詳しくはまたどこかで書きますが、

脳からはα波が出始め、

快楽ホルモンと言われるセロトニンも分泌されてるタイミングです。

空腹感で苦しかったファスティングが2〜3日目以降、

嘘のように楽になり、頭もスッキリするのはこのためです。

明日からのファスティング残り10日間スッキリ頭で頑張ります!

 

では、最後に賢者の格言を、またもやヒポクラテス様に。

Hippocrates_rubens

『食べ物で治せない病気は、医者でも治せない』

 

何か無性に食べたくなってきました・・・笑

Fun fasting!(4)〜ファスティングが体に起こすこと〜

では今回は「ファスティングが体に起こすこと」を具体的に書きます。 1、『お腹がグーグー!』 これはファスティングでなくとも日常から起こりますよねー笑 何も食べ物が流れてこなければ、小腸は「モチリン」という消化ホルモンを出します。このホルモンは胃を収縮させることによって、まだ胃に残っているかもしれない食べ物を小腸に送り込ませようとしています。これを空腹期収縮といってお腹グーグーの正体なんですね!にしても「モチリン」って可愛い名前ですねー。今度からお腹が「グーグー」鳴ったら「お!モチリンが騒いでるな・・」と思って下さい。ちょっと空腹も楽しくなりますよー 2、『若返りスタート!』 モチリンで胃を絞り出しても、何も食べ物が流れてこなければ、空っぽの状態に気づいた胃袋から「グレリン」というホルモンが出ます、別にグレリンはぐれているからグレリンなわけではなく、語源は英語の「grow」つまり成長です!「グレリン」は脳(視床下部)に働いて食欲を出させるのが仕事です。そして同時に脳(下垂体)に働き成長ホルモンを分泌させます!この成長ホルモンこそまたの名を『若返りホルモン』と呼ばれ、まさにどんどん魅力的に若返っていきます!若返りですよ?なんと素敵な言葉でしょう! 3、『サーチュイン遺伝子がON!』 サーチュイン遺伝子は「延命遺伝子」又は「長寿遺伝子」とも呼ばれ、空腹の状態で活性し、体中の遺伝子をこのサーチュイン遺伝子がみるみるスキャンしてくれて、傷ついているところをドンドン修復していってくれます。頑張れサーチュイン! 4、『内臓脂肪燃焼!』 どんなに運動をしても優先的に使われるのは筋肉内のグリコーゲンという糖ばかりで、なかなか燃えない内臓脂肪ですが、ファスティングではグリコーゲンを使った後に燃え始めます(ファスティングから2~3日後と言われています)。しかもその時に脂肪細胞から奇跡のホルモンが分泌されます。それが「アディポネクチン」です。アディポネクチンは体中の血管を大掃除して体を若返らせてくれます!(またもや若返り・・) 5、『脂肪毒が放出!』 脂肪細胞の中にはウイルスや有害なサイトカイン(細胞間情報伝達分子)があります。代表的なものとして①アルファ(糖尿病になりやすい)②アンギョーテンシノーゲン(高血圧になる)③パイウオン(血栓ができる)などがあります。これらがファスティングにより脂肪細胞から出て尿や便として排出されます。 6、『デトックス!』 日常、体内酵素の80%は消化に使われていますがファスティング中は消化酵素を使わないので代謝酵素にエネルギーを使うことが出来ます。代謝酵素の働きによって細胞内に入ってしまっていた有害ミネラルを尿などにして排泄します。 7、『腸内環境のリセットと免疫力アップ!』 腸は栄養を吸収するところです。植物に例えると根の部分にあたりますので健康の要です。腸には悪玉菌、善玉菌、日和見菌などを合わせて約100兆個の腸内細菌がいますが、3日ファスティングをすると約1000万個に減ります(ですので回復食が非常に大事です・後述)。それに日常生活では排泄されづらい宿便が排泄され腸内がリセットされます。その関係で腸内環境が整えられ免疫力が上がります。 8、『血液サラサラ!』 回復食で善玉菌のエサになる乳酸菌などを摂ることでリセットされた腸内環境が劇的に改善されます。注意が必要なのはここで悪玉菌を増やしてしまう動物性タンパク質の多い食事を摂ると、腸内環境は悪くなりリバウンドの原因となります。食物繊維や酵素の多い食事を摂ることで宿便がさらに排泄され血液がサラサラになり、血液が運ぶ酸素と栄養が細い毛細血管をスルスル通って体の隅々まで届き細胞がどんどん元気になります。 後は他にも、細胞の修復をしたり肺をきれいにしたりと、数え上げたらキリがないほどの利点がファスティングにはあります。 みなさんもぜひファスティング体験しましょう! ところで、このコラムを書いているこの瞬間、僕自身ファスティング3日目です。 で、今回のファスティングでも色々と試してるんですけど、実は昨日「大腸と胃の検査」をしたのです。カメラを飲んだり入れられたりする検査ですね。ちなみに例年この時期ぐらいに検査はしているので、初の試みで今回はファスティング2日目に組み込んでみました。 検査のために2リットルの下剤を朝から飲みますし、胃と腸もキレイになってることだし! ファスティングの前半に最適やなって思いまして・・・。 そしたらですよ、 もおー具合が悪いのなんの(笑) おかげさまで昨日は夕方から夜中まで体をくの字にしてベッドでマジ寝してました。 おそらく思うに検査自体は大丈夫なんですが、胃カメラの前になにか薬を飲まされまして・・・ それやと思います。 前日絶食からの、検査終わってからも何も食べないわけですから、薬を吸収しすぎなんかな? ちょっと意識朦朧としましたよ・・・。 今は大丈夫ですけど。 色々と試してみるのも面白いのですが、とてもみなさんにはおすすめしません(笑) てなわけで、今朝の体重です。 2/3 → 65.2Kg 前日からの(ー1.7Kg)でスタートからは(-1.95Kg)です! ちょっとずつですね。 では、最後に賢者の格言です・・・。 もちろんヒポクラテスシリーズです 。

 

Hippocrates_rubens

『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』 今回の格言は栄養学的なお言葉ですね。相変わらず深いです。 (社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用。

Fun fasting!(3)〜酵素について〜

Fun fastingの3回目は酵素についてです。

酵素ドリンクではなく、体内酵素や、食物酵素のことです。僕はファスティングを実際に行う上で、ある程度の知識があるかないかは大変重要だと思います。慣れないうちの若干のキツさも少し知識があれば、メカニズム的に体に与える効果をより実感出来るし、期待も持てるからです。

知識がなくてやると効果も半減しやすいですよ!

気持ち的にも負けやすいかもです(笑)

では、酵素とはどんなものなんでしょう?

酵素は私たちの体の中に存在し、食べ物の消化、吸収を助けたり、ホルモンや新陳代謝の活動を行います。人間が生きていく上で欠かせないものです。

栄養学からみた酵素研究の第一人者は、アメリカの医学者エドワード・ハウエル博士です。ハウエル博士は1985年に「酵素栄養学」という本で酵素と食事、健康について詳しく書いています。現在でも多くの酵素に関する本や学説に影響を与えているようです。

人間の寿命と関係する酵素

人間は生まれながら体の中に酵素を持っています(体内酵素)。酵素は一生の中で生産量が決まっていて、酵素を使い切った時に寿命が終わると言われています。ですので、この体内酵素をいかに上手く使うことが出来るかが大切になってきます。お金も大事ですけど酵素貯金はもっと大事ですね〜

酵素をたくさん使う行為とは?

生きていく上で酵素を一番使う行為が「消化」といわれています。

酵素は寿命と大きく関わるため、この「消化」をどれだけ真剣に考えるかで寿命も変わるといっても過言ではないんですね。

しかし「何を食べるか食べたいか」は真剣に考えても(笑)?

なかなか「消化」ってそれほど真剣には考えてないですよね。

酵素の特徴

酵素の種類は現在約20,000種類以上と言われています。(2013/4月現在)

人の体で働く酵素は消化酵素と代謝酵素の二つです。←ここ大事です。

また、たくさんのビタミンやミネラルを摂取しても酵素がなければ十分に働けませんし、酵素の働きもビタミンやミネラルを必要とします。

消化酵素とは

食べたものを吸収しやすいように分解するための酵素です。有名なとこではデンプンを分解するアミラーゼ、タンパク質の分解はプロテアーゼ、脂肪の分解にはリパーゼという酵素が働きます。それぞれの酵素にそれぞれの役割があるんですねー

代謝酵素とは

代謝酵素の働きは主に4つあります。

⑴新陳代謝・・・吸収された栄養素を各細胞に届け有効に働く手助けをする。

⑵デトックス・・・毒素を汗や尿の中に排出します。有害物質の除去にも。

⑶自然治癒力・・・体の悪い部分を修復し病気を治す力を高める。

⑷免疫力・・・ウイルスなどから体を守る。

この代謝酵素がすごく大事なんです!!

食物酵素

食物そのものに入っている酵素。酵素は熱に弱いので加熱をしていない生の野菜や肉、魚や、発酵食品などです。食物酵素の働きは「事前消化」にあります。ですから「消化酵素」のムダ使いを避けてくれますので積極的に摂取したいものです。

酵素は美容とも関係が深い!

やっと美容の話ができます・・・笑

酵素の働きは、肌の状態ととても関係が深いことがわかっています。

便秘をしたり体調を壊したりすると肌が荒れることがあると思います。

肌が荒れるのは一般的に外からの刺激が多いと思われ、化粧品などでどうにかしたいと思っている人も多いですが、本当は体の中からキレイにしていくことも合わせて考えていく必要があります。特に吹き出物に関しては腸内環境が悪く栄養素が十分に吸収されなかったり、便秘が原因で起こるものも多いため、まずは腸内環境を整えることで解消することが出来るお肌のトラブルなのです。

さて、では簡単なまとめをしてみます。

体内酵素の中でも消費の激しい消化酵素を出来るだけ温存して、その分、代謝酵素に回して身体中の不具合や肌などを細胞レベルで是正してもらうことが健康にも美容にも本当に大切なんですね!

そのためにもファスティングは唯一無二のメッソッドだと思います。

みなさんもファスティングで腸内環境を整えて

「腸〜美人!」を目指しましょう!

 

それでは、ファスティング2日目の僕の体重です。

2/2 → 66.9kg(ー0.25kg)です。

2日目にしては若干微妙な結果だし・・・笑

 

では、最後に賢者の言葉を・・・

『満腹が原因の病気は空腹によって治る』

 

この格言は、またもや医聖ヒポクラテスです。

Hippocrates_rubens

ヒポクラテスはもはや数々の格言・名言を残していますので

この際シリーズ化することに決めました!

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定より一部引用

Fun fasting!(2)〜準備期間〜

いよいよ今日からファスティングのスタートです。

いつものことながら初日が一番憂鬱になります。

なんせ、「今日から2週間も食べられないんだ」という絶望感・・・笑。

オマケにアルコールも。(←コレが一番ツライ)

今回のファスティングは2月ですので半月断食(28日しかないので)とも言えますね。

しかし、憂鬱と言いながらも日を追うごとに快感になってくるのが不思議です。

また、それを知っているからロングファスティングも出来るんですけどね。

その快感を期待しながら乗り越えたいと思います!

で、今回のコラムではファスティングを行う上での準備期間について書きたいと思います。

例えば、運動やスポーツなどをする場合もストレッチやウォーミングアップなどの準備体操をしますよね?

ファスティングにおいても同様の考え方で、突然にファスティングを導入すると体が慣れていないために、様々な拒否反応が起こる可能性があります。それらを避けるためにファスティングに入る前に必ず準備期間を設けて実施します。では、「3日ファスティング(一週間プログラム)」を例にあげますね。

◯準備期間の日数

準備期間の日数はファスティングを導入する前の2〜3日をオススメいたします。ファスティングの効果をより高めるために体内環境を整え、万全の状態で挑むための期間です。

準備期間に行う事

内臓に負担のかかる高タンパク、高脂肪の食事は可能な限り控えます。肉や揚げ物、ケーキ、チョコレートなどの菓子類、ファストフードなどが具体的に控える食品です・・・が、ついつい「明日からファスティングだ!」と気合を入れれば入れるほど、やってしまいがちなのが最後の晩餐的食事・・・笑

分かります。

よーく分かりますよ!

僕もやったりします・・・最後の晩餐(笑)

でも、わたしの場合は立場的に色々と試してないとダメだと思いますので。(言い訳・・・?)

そのような中からの実感としまして、こってり食べてからのいきなりファスティングはやはりキツイですね。特に味付けなどが濃い食事を前日などに摂っているとファスティング前半で若干の偏頭痛などがあったりします。また、このあたりは別の機会にでも取り上げますね。

ではでは、準備期間に好ましい食材とは?

準備期間に好ましい食材

玄米および、マゴワヤサシイ食材をオススメしています。

では、マゴワヤサシイ食材とは・・・?

マ・・・納豆、豆腐、味噌、大豆などのマメ類

ゴ・・・ゴマ、ナッツなどの種子類

ワ・・・わかめ、コンブなどの海藻類

ヤ・・・野菜類

サ・・・魚(特に小型の青背魚類)

シ・・・しいたけ、ナメコなどのキノコ類

イ・・・じゃがいも、サツマイモなどのイモ類

健康の維持増進に理想的であり、人間が生きて行く上で必要な栄養素のビタミンやミネラルを豊富に含んだバランスの良い食材の語呂合わせしたものをマゴワヤサシイ食材といいます。これらの食材をまんべんなく摂取することをオススメしています。このマゴワヤサシイを提案されたのが超有名アスリートや芸能人達の食生活指導をしていますカリスマ栄養アドバイザー山田豊文先生(杏林予防医学研究所所長)なんです。

僕がファスティングをするきっかけになったのも山田先生の著書「脳がよみがえる断食力」「病気がいやなら油をかえなさい!」「細胞から元気になる食事」などだったんですね。

どれも読みやすく、今までの常識もたくさん覆らされました。

やはり変えのきかない「自分自身の体の話」になるので是非ともご興味のある方には読んでいただきたいと思います。

余談ですが、昨年秋に杏林予防医学研究所で山田先生の講義を受けさせていただき、講義の一環としてご自宅にも伺わせていただきました。

早朝から先生のお部屋で爆音ボリュームでのクラッシック音楽鑑賞はとても思い出深い経験でした・・・笑

 

て、ところで、今回は終わりますが

せっかく今日からのファスティングスタートですので

体重の変化だけでも載せましょう。

(どっかのCMみたいに裸にはなりませんので・・・笑)

2/1日 → 67.15kgです。(スタート時)

では最後に賢者の言葉を・・・

『人間は誰でも体の中に100人の名医を持っている』ヒポクラテス

 

Hippocrates_rubens

西洋医学の父ヒポクラテスの格言です。この地球上に人類の祖先が出現してから30,000年の歴史をたどった時、ずっと飢えと寒さとの戦いでした。3食とも満腹になるまで食べられるようになったのは、わずかここ100年にも満たない年数なんですね。そのため人間の体は飢餓状態と寒さの中で生き残るための名医(様々な遺伝子)を造ってきたのです。飽食の時代だからこそファスティングを生活習慣に取り入れ「体の中の100人の名医」を目覚めさせましょう!

 

にしても、スゲーな、ヒポクラテス。

 

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用