Fun fasting!(8)〜ナチュラルハイジーン〜

やっとファスティングも7日目です。

 

で、今朝の体重は・・・

 

63.40Kg!

 

ま、また増えてる・・・笑

 

いつも、起きてすぐの同じ時間に測っているんですよね。

 

この違いは、微妙な水分量の違いでしょう。

 

後は、筋トレを少しやって筋肉にハリがあるからなのかな?

 

残念と言うより、

 

むしろ思い通りにならない体の奥深さを感じます。

 

しかし、今日をもって完全な折り返し地点。

 

残り1週間はカウントダウン方式で日が経つのも早く感じることでしょう!

 

貴重な時間ですので楽しく過ごしたいと思います。

 

楽しく過ごすと言えば、

 

ファスティング期間中には様々なアイテムを試しています。

 

せっかくファスティングをするのであれば

 

ダイエットにしろ、美肌にしろ、

 

ここぞとばかりに効果を高めたいものです。

 

そのうち、ファスティングライフを楽しく彩ってくれるアイテムも紹介致しますね!

 

では今回のお題ですが、ご存知の方も多いと思われます『ナチュラルハイジーン』です。

 

前回のコラムの「半日ファスティング」の時に一言だけ出ました。

 

アメリカでよく知られる「ナチュラルハイジーン」とは?

 

24時間を人間の生理から3つに分けるという考え方です。

 

◯ 24時間周期の体のリズム

 

1・午前4時~正午まで・・・・・・・・『排泄』

2・正午~午後8時まで・・・・・・・・『摂取と消化』

3・午後8時~午前4時まで・・・・・・『吸収と利用』

 

これを見ればよく分かりますが、午前4時から正午までは「排泄」の時間帯になっています。

 

確かに寝汗もかきますし、朝起きればトイレにも行きます。

 

つまり朝のうちは汗、尿、大便という「3大排泄」を行っているのです。

 

この「3大排泄」により蓄積された疲労物質や、毒素、老廃物を体の外に出し浄化しているのです。

 

きっと臓器はまだまだ半眠りの状態ですよね。

 

そして、ここでの問題は?

 

その排泄の時間帯に何を食べれば良いのか?ということです。

 

当然このような状態で重いものや消化に悪いものを食べていいわけがありません!

 

牛丼とか、カツ丼とか、焼肉とか・・・。

 

あ・・・

 

さすがに朝からは食べませんよね(笑)

 

そもそも、ブレックファーストという言葉は「朝食」という意味ですが、「ファスト」という言葉は「断食」を指し、その断食をブレイクする(break=破る)ことが朝食ということなのです。

 

ですので、「半日ファスティング」では朝食の代わりに水やファスティング専用ドリンクをオススメしてるんですね!

 

もし何か食べるのであればフルーツがオススメです。

 

フルーツは水分が非常に多くその水分には豊富なビタミン、ミネラルが含まれています。

 

また、抗酸化物質のファイトケミカルも大量に含まれています。

 

そして最後に、もちろん生きた酵素に満ち満ち溢れています!

 

これからは「半日ファスティング」か「朝フルーツ(スムージー)」などなど

 

それらを習慣化してみるのも良いですね。

 

ちなみに僕はずーーーーーっと「半日ファスティング」は続けております。

 

あ、でも旅館に泊まった際の「朝ごはん」は外せませんけどね!

 

この時ばかりは気にしません(笑) ←でも、体は重く感じます。

 

てか、その前に「排泄」の時間まで呑んでることもあるので?

 

ナチュラルハイジーンなんて偉そうなこと本当は言えません・・・。

 

そのうち僕なりのナチュラルハイジーンをつくります・・・笑

 

まーたまには良いでしょ!

 

 

では最後に、賢者の言葉を!

アメリカの政治家であり、物理学者、気象学者でもあります。

ベンジャミン・フランクリン・・・

「全ての薬で一番良いのは休息とファスティングだ」

この方、現在の米ドル100ドル紙幣に肖像画描かれている人です。

BenFranklinDuplessis

他に「フランクリンの十三徳」というのにも一番最初に

「飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。」とあります。

どーもベンジャミンとは気が合わないかもです・・・笑

 

(社)分子整合医学美容食育協会ファスティングマイスター検定テキストより一部引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>